教育環境のコンピュータ利用案内 トップ 窓口 サイトマップ FAQ
 トップ > マニュアル > VPN 接続の利用方法 > VPN接続の開始、終了方法(Linux)

VPN接続の開始、終了方法(Linux)


VPN接続の開始方法(Linux)

VPNクライアントソフトウェアのインストールが終了したら、次の手順でVPN接続することができます。

     注:説明内の画面は CentOS のものです.ディストリビューションによっては画面やメニューが異なることがあります.

  1. パソコンをインターネットや学内ネットワークに接続します。

    • 学内のファイアウォール外ネットワークから利用する場合には、機器を学内のファイアウォール外ネットワークに接続し、IP アドレスやデフォルトゲートウエイ、ネームサーバを適切に設定します。

    • 自宅から利用する場合には、プロバイダに接続します。

  2. パネルから 「アプリケーション」 → 「インターネット」 → 「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」 → 「Cisco Anyconnect Secure Mobility Client」をクリックします。

  3. Connect to: に所属するキャンパスの VPN サーバーのホスト名を入力し,「Connect」をクリックします。
    VPN サーバーのホスト名は以下の通りです。
    所属キャンパスVPN サーバーホスト名
    神楽坂kaguvpn.ed.tus.ac.jp
    富士見kagufjvpn.ed.tus.ac.jp
    葛飾katsuvpn.ed.tus.ac.jp
    野田nodavpn.ed.tus.ac.jp
    長万部oshavpn.ed.tus.ac.jp
    諏訪suwavpn.ed.tus.ac.jp

    以下の図では、例として神楽坂キャンパスの VPN サーバーを指定した場合で説明します。

  4. 「Username:」と「Password:」の入力域が表れるので、教育環境で利用しているメールアドレス(ユーザ名@ed.tus.ac.jp)とパスワードを入力し、「Connect」 をクリックします。

    (注)図中のメールアドレスで jXXXXXXXの部分は、2014年以降入学の方は jが不要(学籍番号のみ)となります。

  5. 上のウィンドウが消え、パネルに次のような鍵マークのアイコンが現れたら、VPNが開始されます。

    ※ 30分間、無通信状態が続くと自動的に切断されます。その場合、再度手順「1.」から行ってください。


VPN接続の終了方法(Linux)

  1. VPN接続を終了する時は、パネルの鍵マークのアイコンを右クリックします。

  2. 以下の画面で「Disconnect」をクリックします。

  3. パネルで鍵なしマークのアイコンに変れば VPN 接続は終了しています。


BACK
© 情報システム課