教育環境のコンピュータ利用案内 トップ 窓口 サイトマップ FAQ
 トップ > 利用案内 > マナーとセキュリティ > パスワードとセキュリティ
【パスワードとセキュリティ】

 ターミナル室などの環境では、 利用者一人一人にユーザ名(または、ログイン名)とパスワードを設定し、 開始手続きによってそれぞれの環境やデータにアクセスできるようになっています。 万一パスワードを人に知られてしまうと、 そのユーザ名(または、ログイン名)を使ってコンピュータを利用することが可能になります。 クラッカーのような悪意のある人にパスワードを知られた場合、 重大な被害が出る恐れがあります。 また、その利用者になりすまして他の組織に被害を与えた場合、 パスワードを悪用された利用者自身が加害者に見えてしまいます。
 したがって、利用者各自の設定するパスワードもきちんと管理する必要があります。

【パスワードの扱い方】
 先に述べた通り、パスワードは非常に大切です。 以下の注意にしたがって、大切に扱ってください。
  • パスワードは、登録時に初期パスワードを設定してありますが、 最初に使用した時に、必ずパスワードを変更してください。
  • 設定したパスワードは絶対に忘れないでください。
    変更後のパスワードはシステム上で暗号化されるので、システム管理者でもわかりません。
    また、万一パスワードを忘れてしまった場合には変更手続きを行う必要があります。 この場合、変更までにある程度時間がかかりますので、 その間は授業や試験等があってもコンピュータを利用できなくなります。
  • 設定したパスワードを紙や手帳などに書き留めないでください。
    特に、ユーザ名(または、ログイン名)と一緒に書くと、 万一その紙を無くしたときに侵入されやすくなりますので絶対にしないでください。
  • 他人にパスワードを教えないでください。
    仲の良い友人であっても、絶対にパスワードを教えないでください。
  • パスワードを入力するときには、人に見られないようにしてください。
    背後から指の動きを見て、パスワードを読みとられる危険性があります。
    パスワードを入力するときには、周りの人が見ていないことを確認してください。
  • パスワードは、定期的(2、3ヵ月に一度ぐらい)に変更するようにしてください。
  • 他人のユーザ名(または、ログイン名)を使って利用することは、 絶対にしないでください。

【Web 上でのパスワードの扱い方】
 Web 上でもさまざまなユーザ認証が必要な状況がありますが、最近ではフィッシングOther Siteなどの詐欺行為も行われているため、Web 上でパスワード扱う場合にはさらに注意が必要です。  Web 上でパスワードを入力する場合には、以下の注意事項にしたがって慎重に行動してください。
  • 同じパスワードをいろいろな環境で使用しないでください。
    同じパスワードをさまざまな環境で利用すると、一箇所でパスワード漏洩などの問題が起こった場合に、他のすべての環境に影響を及ぼす可能性があります。
    異なる認証画面では異なったパスワードを使用するようにしてください。
  • URL が正しいか確認してください。
    フィッシング詐欺などを避けるために、パスワードを入力する必要がある場合は URL が正しいことを確認してください。
    フィッシング詐欺では、メールによる偽装 URL で利用者をだまそうとするので、メールに書かれている URL を安易に信用しないでください。
  • SSLOther Site による暗号化を確認してください。
    通信経路上での盗聴防止のため、また、その URL が正しく管理されていることを確認するために、SSL による暗号化が行われていることを確認してください。
  • ターミナル室で使用するパスワードは他の環境では使用しないでください。
    情報システム課では、下記の環境で Web 上でのパスワード認証を行っています。
    この環境以外で、ターミナル室で使用するパスワードは絶対に入力しないでください。
    もし、既にターミナル室で使用するパスワードを下記のサービス以外で利用してしまった場合は、ターミナル室のパスワードを速やかに変更するようにしてください。

      ターミナル室のパスワードを使用する認証画面
    • CLASS
    • LETUS
    • 情報コンセントの機器登録
    • 無線LANの利用
    • ALC NetAcademy
    • パスワード変更
    • ホームページ公開
    • VPN ダウンロード(学外からの場合)

【パスワードの変更】
 パスワードは、 こちらで変更してください。

【パスワードの規則】
 利用者はパスワードの正しい選び方を理解し、 パスワードを管理する必要があります。
パスワードは、英数字の他に、記号(  ! @ # $ % ^ & + - = ? ( ) [ ] { } . , : ; _  )を使うこともできます。なお、パスワードは、8 文字以上 16 文字以下で、必ず 1 つ以上の記号をまぜてください。また、アルファベットの大文字と小文字は区別されます。

【悪いパスワード】
 悪いパスワードとは、他人が容易に推測できるパスワードです。 次のようなパスワードは絶対に使用しないでください。
  • すべて数字のパスワード
  • 自分の名前や学籍番号
  • よくある人名、流行語や有名人の名前
  • 自分の電話番号や誕生日
  • 辞書にある単語

【良いパスワード】
 良いパスワードとは、自分にとってわかりやすく、 他人から推測しにくいパスワードです。次に一般的な条件をあげます。
  • 覚えやすく、書き留めておく必要がない
  • 大文字と小文字を含んでいる
  • 文字のほかに数字や特殊文字を含んでいる


BACK
© 情報システム課