東京理科大学鉄道研究会

サイコロの旅 について

当会では例年12月の中旬の土曜日に、年内最後の活動として忘年会を実施しています。そしてその忘年会の前に、東京の地下鉄に一日中乗るというイベントを実施。その名も「サイコロの旅」! とあるテレビ番組の一企画の当会アレンジ版となります。
このページでは、2009年より実施している「サイコロの旅」のルールや年度別の実施記録などを掲載しております。

サイコロの旅 ルール (2013年度版)

サイコロの旅のルールは、マイナーチェンジを繰り返し少しずつ変化していますが、今のところ大きな変化はありません。ここでは最新のルールを記載しております。(2013年11月8日 更新)

路線図
↑クリックしていただくと拡大図をご覧になることができます。

東京地下鉄(東京メトロ)線および都営地下鉄線のみを使用し、メトロ都営共通一日乗車券を手にサイコロに身を任せ、西へ東へ目標物を見つけ出してポイントを稼ぎ、合計点を競うゲームとなります。
1班を4〜6人とし、A〜E班に分かれ、それぞれが制限時間内に以下の手順を繰り返し、点数を獲得してきます。
  1. 駅名・目標物の書かれたくじを6本引き、引いた順に1から6の番号を当てていく。
  2. 踊りながらサイコロを振り、先程当てた番号のくじの駅に向かう。もしくはパスを使用しくじの引き直しを行う。(1チーム3回まで。主にゲーム終盤で間に合わないことが見込まれる時に使用)
  3. 目標物のある駅の駅名票ならびに指定された目標物の写真を撮る。目標物までは歩いていく。
  4. 行程 1. に戻り、くじを引く。
各駅にポイント(1〜3点)が与えられており、駅名票と目標物の写真を撮ることでチームにポイントが与えられます。ポイントは となっております。複数の路線が乗り入れる駅では、ポイントの高い方を優先します。(例:池袋 → 丸の内線の終点のため3点)

くじは各駅につき1本用意してあります。乗り換え指定駅であっても駅名が異なる場合はそれぞれにくじがあり、目標物が異なります。(例:上野広小路・上野御徒町・仲御徒町→各駅1本・計3本)  逆に同じ駅名の場合、複数路線がある場合でもくじは1本で、目標物も1種類です。(例:大手町(丸ノ内・東西・千代田・半蔵門・三田線)→1本)
ただし、新宿駅はメトロ・都営両線に存在するため、これは別駅扱いとします。(下記の注意事項も参照)


その他の注意事項は以下の通りです。 なおゲーム後、エリア内のどこかで忘年会を行っております。(優勝チームの発表・賞品授与も実施)

年度別の記録

※現在準備中です。

「旅の記録」に戻る


「トップ」に戻る


東京理科大学鉄道研究会(連絡先)