東京理科大学鉄道研究会

常磐線の103系

常磐線を走るエメラルドグリーン一色の103系は、2006年3月18日のダイヤ改正で定期運用を終了しました。ここではその103系の写真を展示しています。

2006年4月8日撮影

2006年4月8日、イベント列車として北千住〜取手間で常磐線103系のさよなら運転が行われました。常磐線からの引退で、首都圏に残る103系は鶴見線の3両のみとなります。

(103系イベント列車@取手駅)
折り返し駅の取手にて。方向幕が「常磐線」になっています。

(ヘッドマーク部拡大)
ヘッドマーク部を拡大。

2004年7月18日撮影

(柏駅に進入する103系)
柏駅に猛スピードで進入する103系電車。

(上野駅に停車中の103系(クモハ103-84)低運転台)
上野駅に停車中の103系(クモハ103-84)低運転台です。顔が汚れています。

(取手駅に停車中の103系高運転台)
取手駅に停車中の103系(先頭車両1号車・クハ103-274)高運転台です。

(車内の様子(モハ102-200))
車内の様子(モハ102-200) 上野駅にて。

(車内の様子(モハ103-588))
車内の様子(モハ103-588) 上野駅にて。

(塗装のはげた103系)
塗装が剥げ落ちた部分は応急処置として同じ色(エメラルドグリーン)が塗られています。車両によっては塗装がさらに剥げ落ちて、錆びた色が丸出しのところもあります。

(夕刻の取手駅にたたずむ103系。)
夕刻の取手駅にたたずむ103系。エメラルドグリーン一色の電車もあと少しで見納めになります。


「特集」に戻る


「トップ」に戻る


東京理科大学鉄道研究会(連絡先)