東京理科大学鉄道研究会

東武野田線 8134F=8523F 廃車回送

2007年8月2日に車両火災を起こし長らく七光台検修区に留置されていた8134F=8523Fが北館林荷扱所へ廃車回送された。8134F=8523Fは自走できない為編成を分割の上2日に分けて、2008年1月29日終電後に8134Fが8578F+8571F、翌30日終電後に8523Fが8580Fによって牽引された。回送時8134F、8523F共にパンタを下げ室内は消灯されていたが前照・尾灯は通電していたので応急処置を施し牽引編成から給電が行われていたようである。なお8134F=8523Fは中間に閉じ込められた先頭車は運転台などが撤去されている為、30日の8523号車には仮設の尾灯を取り付け対応した。

8571F+8578F+8134F 2008年1月29日終電後

(七光台駅へ進入する8134F以下8連)
七光台駅へ進入する8134F+8578F+8571F。後の8578F+8571Fに押されながら最徐行で入線。

(まずは春日部へ、まもなく出発)
野田線は最大6両編成なので8両停目が無い。その為一旦6両の位置で一時停止し1.5両分ほど柏方へ移動して停車。

(七光台を発った8571F以下8連)
電柱より右側の室内灯が点いていない編成が8134F。

8580F+8523F 2008年1月30日終電後

(七光台駅に停車中の8523F)
仮設の灯具は回送時牽引編成側に来る8623号車から流用したようだ。

(ナコ駅に停車中)
この日は春日部方の6両停止目標に合わせて停車。回送車が減ったからか前日に比べ入線が速かった。

(まもなく出発)
1:10ちょうどに七光台を発った(前日は3分程遅れていたようだ)。


「特集」に戻る


「トップ」に戻る


東京理科大学鉄道研究会(連絡先)