東京理科大学鉄道研究会

流鉄に新型車両! 5000系甲種輸送

2009年6月22日、流鉄に今冬導入される5000系2両1編成が西武池袋線武蔵丘車両検修場より武蔵野線新秋津を経由し馬橋へ甲種輸送された。
 既存車が西武旧101系を種車にしているのに対し、5000系は新101系が種車となっているため、差異が多く見られる。外板は「青空」編成より薄い水色となっており、2007年11月に引退した「流馬」の名称を引き継ぐものと思われる。外板以外は特に手が入っていないようで、これから改造されるであろう。

流鉄線内での牽引役「なの花」編成 馬橋へ回送

(なの花編成 流山にて)
流山10:55発の「明星」編成が出た後、追うように入線。

(なの花編成 平和台〜鰭ヶ崎間にて)
午前中、上下1本ずつを時刻変更して運行された送り込み回送列車。連結器にアダプタが装着されている(本来は自連)。

(なの花編成 馬橋にて)
JRとの連絡線と繋がっているのが1番線だけなので定期列車は2番線発着に変更された。

甲70 9673レ 新秋津→馬橋

(9673レ 南流山〜馬橋間)
DE10 1555に引かれ連絡線を行く。

(馬橋にて)
常磐快速下り線を越え1回目のスイッチバック。その横をスーパーひたちが通過。

(馬橋にて)
さらに隣へ転線し2回目の推進運転。この位置で手歯止めがはめられた。

(馬橋にて)

(馬橋にて)
「なの花」編成と連結、牽引回送の準備が整った。

流鉄線内牽引回送 馬橋→流山

(幸谷〜小金城址間にて)
「なの花」に牽引され流鉄線内を行く。午後も上下1本ずつを時刻変更を行って運行された。

(幸谷〜小金城址間にて)
窓の形や雨樋など多くの差異が見られる。ちなみに5000系には女性専用車両のステッカー付き。

流山駅構内 入換作業

(流山にて)
一旦入庫後、「なの花」に押され入換。

(流山にて)

(流山にて)
今度は馬橋方に「若葉」編成と併結、こちらも当然アダプタ付。

(流山にて)
再び庫内へ押し込まれこの日の作業は終了。


「特集」に戻る


「トップ」に戻る


東京理科大学鉄道研究会(連絡先)